ご不要になった電動アシスト自転車(ハイブリット自転車)を買取り・回収します。

豆知識

9.アシスト自転車とフルアシスト自転車の違いとは?

フルアシスト自転車は、免許云々の前にナンバープレートを取得しないと公道を走ってはいけません。

人が漕ぐ力の大きさを1とすると、
15km/h以下の場合、補助力が1以下のもの
15km/h〜24km/hの場合、1-{速度(km/h)-15/9}(走行速度をkm/hで表した数値から15を減じて得た数値を9で除したものを1から減じた数値)以下のもの
25km/h以上の速度で補助力がかからないもの

上記に当てはまり、電動機で補助するものが「電動自転車」(アシスト自転車)と認められ、免許・ナンバープレートなしで公道を走ることができます。

フルアシストは、上記の規則に当てはまらない(一般的にはペダルをこがなくても走る)ものです。

一般にフルアシストと呼ばれるものは、人がこぐ力を超えて補助しているので、電動補助自転車ではなく原動機付自転車となります。
ですから、そのタイプの自転車は車幅灯やブレーキランプ、ウインカー、さらにはナンバープレートなどをつけなければ公道を走ることはできません。もちろん、原付免許が必要となります。